Top >  式当日までの準備 >  3ヶ月前ー2ヶ月前

3ヶ月前ー2ヶ月前

希望の日時で希望の会場を押さえたら、

招待する人をリストアップします。


スピーチや乾杯の挨拶、余興をお願いする人には、

招待状を送る前に、あらかじめ

お願いしておくと良いと思います。


個数を確保する必要があるので、

引き出物の内容や料理のコースや内容なども

早めに決めておくと良いでしょう。


私は、地元で人気店のロールケーキを

引き菓子にしたかったので早めに予約しました。


式場との打ち合わせのほか、

司会者との打ち合わせもしっかりしておきたいです。


進行の段取りはもちろん、2人の馴れ初めや生い立ちや交友関係など、

たくさん話すほど司会者とのコミュニケーションが取れ、

親しみのある進行になります。


私の場合、知り合いに若手の芸人さんがいたので、

直談判でお願いしました。


式場で依頼するありきたりな定番の司会でなく、

笑いを交えた、楽しい進行でした。


出席者の方にもたくさん絡んでくれて、

皆さんが楽しめる披露宴になりました!


しかも、まだ駆け出しの芸人さんなので、

格安な司会料で引き受けてくれました。


式場で司会者を依頼すると、

5万円の司会料がかかるのですが、

コンビで3万円でお願いできました。


あまり知られていませんが、式場の司会者でない場合、

なんと「司会持ちこみ料」がかかるのです。


しかし、ここで黙って払ってしまっては損です!

私は、交渉してタダにしてもらいました。

言ってみるものですよ!


そのほか、色々と自分たちで準備すると

安く上がるものがいくつかあります。


安く済むだけでなく、手作りすると

思い入れが強くなり、とても記念になります。


友人が用意してくれたものなども、

とても嬉しく温かい贈り物になります。


私は、ウェルカムボードを手作りしました。

私の友人には、ウェルカムボードに2人の似顔絵を書いてもらったり、

指輪交換に使うリングピローを手作りした人もいます。


とてもマメな友人は、お見送りで渡すプチギフトとして

手編みのアクリルタワシを、出席者全員分を作っていました。


準備期間に余裕があれば、このように趣味を活かして、

気持ちのこもった手作りの品を皆様に贈るのも素敵ですよね。

         

式当日までの準備

会場が決まったら、
式当日までに準備することが色々あります。

会場にお願いすること、自分で用意するもの、人にお願いするもの、
日にちが近づいて慌てないためにも、
準備をしっかりしておきましょう!

このカテゴリ内の記事


3ヶ月前ー2ヶ月前
1ヶ月前ー当日


式場選び

ブライダルフェア体験談

式当日までの準備

前撮り

結婚式・披露宴にかかる費用

会場のこだわり

お料理・お飲み物のこだわり

演出のこだわり

引き出物のこだわり

写真・ビデオの撮影

衣装のこだわり

印刷物のこだわり

出席者への気遣い

2次会のスタイル

宴の後は・・・






Yahoo!ブックマークに登録